男性のパパ活マッチングアプリ選びで重要なのは〇〇!!

使用アプリ

パパ活アプリ・サイトなら「ペーターズ(paters)」で十分

パパ活用のマッチングアプリ選びで悩んでいる方にお勧めできるのが「ペーターズ(paters)」になります。

パパ活用マッチングアプリ選びで重要なことは、会員登録している男性側のステータスが重要になります。

女性側の視点でアプリを選んでみる

実際にマッチした女性からお聞きした内容になります。まず、大前提として女性は無料でアプリを使用することができます。無料であるため女性によっては複数のアプリに登録している方もいます。

アプリの機能自体はほとんど同じですが、まず届くメッセージの8割方が「大人の関係」を聞いてくるメッセージだそうです。このメッセージは女性をかなりウンザリさせています。

その点、「ペーターズ」は「大人の関係」を聞いてくる男性が比較的少ないそうです。
 ※あくまで少ないだけでゼロではありません。いきなり「大人」を聞くのはやめましょう。

理由として考えられるのは、会員費が安いマッチングアプリには女性との関係を安上がりに済ませたいという方が集まる傾向がります。

会員費が比較的高い「ペーターズ」は高い会員費が「安上がりに済まそうと考えている男性」の足切りとして働き、余裕のある男性の比率が高くなります。

女性側としては「売○婦」扱いされるメッセージが多く届くアプリよりも、余裕のある男性が多いアプリに流れます。

いくつものアプリをまたいでメッセージのやり取りをするのは女性からしたら面倒とのことで、やはり品位が低いメッセージが多いアプリは自然と使わなくなります。

女性は友人のお勧めでアプリを選ぶ

学生に多いですが、友人の勧めにより友人が使っているアプリと同じアプリを使っている方が多いです。

その場合、色んなアプリに登録せずに1つのアプリを使いますが、「ペーターズ」も友人から勧められることの多いアプリの一つになっています。

結果として、登録者数も200万人を突破していることもあり、口コミでアプリの登録者が広がっているためワンランク上の女性との出会える確率も上がってくるわけです。

やっぱり業者はいる

私自身は業者に遭遇したことはありませんが、出会った女性に色々お話を聞いてみると、女性がお会いしたことのある男性の中には業者と遭遇した方もいるとのことです。

この業者の存在はどのマッチングアプリにも一定数は存在します。

やはり業者にとっては男の欲望に付け入るにはマッチングアプリは非常に有効であるため、ある程度は

ペーターズ」は電話番号を使って会員登録をしていますが、一般人を装って女性の会員登録をされてしまうことについては対処しようがないです。他のアプリについても同様ですが、業者は一定数いることを念頭に置くことが重要になります。

「ペーターズ」では私が登録して3ヶ月の間にメッセージのやり取りをしている方の中から、2名ほど強制退会となった女性がいました。

メッセージの内容はLINEに誘導したり、少し日本語が変だったり、肩書きが経営者だったりと不自然な点が多く、「ロマンス詐欺」の手口が使われていたため通報を受けて退会となったと思われます。

一方で、それ以外の業者はメッセージ自体は普通ですが、いきなり「大人」の関係を交渉してきます。また、顔写真も非常に魅力的な写真を登録しており、頻繁に足あとを残してきます。

この場合はアプリの規約上はルール違反ではないので、運営からの監視はスルーされますので、アプリの利用時は下心を抑えて、まずは顔合わせスタートを基本としましょう。

まとめ

ペーターズ」について女性側の視点から選ぶ基準を記事にしてみました。

私自身が「ペーターズ」を知ったのは堀江貴文ことホリエモンがYoutubeで話していたのを聴いたのがきっかけになります。

その時の会話が、高い会員費のことを足切りと表現していました。やはり、会費が無料だったり会員費が安いとそこに群がる人の品位は下がってきてしまう。

会費が高いと、会費が参入障壁となり会員費を払える余裕のある男性の比率が上がってきます。
※ホリエモンのオンラインサロンHIUも同じ理由で月額10000円という会費を設定しています。

女性視点からすると、会費が高い方のアプリの方が余裕がある男性が多くなることが分かっていますので、「ペーターズ」はその点においてもパパ活アプリとしては適していると言えます。

コメント